カテゴリ:グラベルロードバイク



【専門店に聞いた】15万円以下で買える人気のグラベルロードバイク5選
世界中で人気のある新しいジャンルのスポーツ自転車、グラベルロードバイク。 日本国内でも各メーカー、グラベルロードバイクのラインナップが揃い始めてきました。そこで、今回は日本最大級のスポーツ自転車専門店ワイズロードのワイズロードオンライン宮島店長に、15万円以下で買える人気のグラベルロードバイクを紹介していただきます!!
【専門店に聞いた】グラベルロードバイク購入時に初心者が揃えるべき自転車用品10選
実はスポーツ自転車と言われる、クロスバイク、ロードバイク、グラベルロードバイクには、ライトやベル、鍵など完成車購入時に付属していないことが多く別途購入して揃えないといけません。そこで、今回は日本最大級のスポーツ自転車専門店ワイズロードのワイズロードオンライン宮島店長に、グラベルロードバイク購入時に初心者が揃えるべき自転車用品10選を紹介していただきます。グラベルロードバイクを安全に楽しく乗るための自転車アイテムも登場しますので、参考にしてみてください。ヘルメット、サングラス、グローブ、フロントライト、テールライト、ベル、鍵、ウォーターボトル、ボトルケージ、スマホホルダー、サドルバッグ、ツールケース、携帯工具、携帯ポンプ、予備チューブ、タイヤレバー、パッチキットなど。

日本企業が本気で作ったエコなグラベルバイク!!世界初100%リサイクルアルミ材とアルミホットスタンプ技術を使った「ZEEN WIND(ジーンウインド)」について開発担当者に聞いてみた【試乗インプレッションあり】
今回は日本の自転車総合メーカー ホダカ株式会社が、100%リサイクルアルミ材とアルミホットスタンプ技術を使った自転車フレーム作りの実現が世界初となります。製造時のCO2排出量は新地金由来のアルミ材と比べ最大97%削減されます。更に電気を大量に使う溶接を最小限に抑え、接着とリベットを使うことで製造上でもCO2削減に繋げています。開発担当者であるホダカ株式会社 企画開発部 雀部庄司さんにお話をお伺いしました。また、ホダカ株式会社の自社開発ブランドの1つでもあるNESTO(ネスト)の自転車を愛用している、自転車界で活躍中の今田イマオさんには今回、特別に「ZEEN WIND(ジーンウィンド)」を試乗していただきました。
コスパ最強!!10万円台で買えるカーボングラベルホイールICAN(アイカン)中国ブランドの品質や安さについて担当者に聞いてみた!!インプレッションあり
今回はコスパ最強10万円台で買えるフルカーボングラベルホイールを紹介。フレックスリム構造のICAN(アイカン)650B G25を提供していただきました。そこで、グラベルバイク大好きな今田イマオさんが実際に使用してみた感想、インプレッション含めて初心者の人にも分かりやすく解説します。フレックスリムのホイールのメリットは、リムとタイヤの段差がなくなることで空力性能の向上、転がりが良くなります。価格も少しだけ安く提供できるようになります。

第2回チャリ部!!秋のプチグラベルで焼き芋ライド【初心者大歓迎】in芝川サイクリングロード大人の自転車部
チャリ部「第2回目の企画」は、秋のプチグラベルで焼き芋ライドです🍠😄✨ 荒川のサイクリストの聖地、キッチンとれたてに集合して芝川サイクリングロードを走ります。そこからロードバイクでも走れるようなコースで、東京から近い埼玉方面に向かい走ります!!(ロードバイクタイヤで心配な方は、グラベルキング26CまたはiRCのMARBELLA TUBELESS X-Guardがおすすめです)なんとスタート地点から15km走るだけで里山があったり、自然豊かな環境に参加した皆さんが驚くはずです🚴‍♀️ 終着場所は彩湖になります。ここで、焼き芋を食べながら1日のライドの感想を述べて終了となります。チャリ部 部長イマオさん、副部長ひまちゃんを筆頭にスポーツ自転車の楽しさを参加者の皆さんと体感していただきます🤗
【第一回】東京ナイトライド開催!!東京の夜の街をスポーツ自転車で楽しもう『チャリ部』結成
東京の夜をスポーツ自転車でサイクリングする第一回『東京ナイトライド』開催。そこで、東京都内を中心にサイクリングツアー、レンタサイクルの事業を行なっているChan-Cycle(チャンサイクル)が企画をしてチャリ部を結成しました。そこで、部長に今田イマオさん、副部長にTikTokerのひまちゃんをゲストでお呼びして定期的に開催予定をしております。自転車乗り、サイクリストの輪を広げながらスポーツ自転車の魅力を発信する予定となっております。

【キャノンデール】2022年新モデル追加(完成車)アルミ製グラベルロードバイクTopstone(トップストーン)3モデルを紹介
2022年コレクション追加モデルとしてアルミ製グラベルバイクTopstone(トップストー ン)3モデル(Topstone0、Topstone1、Topstone Women's 2)を発売いたします。キャノンデールのアルミグラベルバイクは前後ホイールの間隔が長く、荒れ た路面や重い荷物を積んでいるときに安定感があるのが特徴。裏ルートを躊躇することなく駆け抜け、新しい道を開拓したり、アドベンチャーライドの可能性を広げてくれる万能グラベルバイク。週末ライドを楽しみたい方や、乗り心地抜群なグラベルバイクをお探しの方にとって理想的な1台となるはずです。
メキシコ在住の日本人に聞いた!! 海外のグラベルロードバイクの人気や魅力について
今回は海外のグラベルシーン、カルチャー、グラベルロードバイクの人気や魅力について紹介します。現在、メキシコ在住で宮城県出身のYohさん(山田洋平さん)に取材しました。Yohは実際にメキシコで選手としてグラベルレースに出場されるだけでなく、グラベルレースの企画・主催まで行っています。そこで、グラベルロードバイク(グラベルバイク)の魅力に取り憑かれて1年目の今田イマオさんがYohさんにお話をお伺いしました。一体、日本のグラベルシーンとメキシコのグラベルシーンでは、どんな違いがあるのか楽しみです!!

【一点モノの魅力】夏は涼しく冬は温かい!!お洒落ヴィンテージサイクルウェアがおすすめ
今回はヴィンテージサイクルウェア(ジャージ)の魅力を紹介します。ウール素材のヴィンテージサイクルウェア(ジャージ)は、夏は涼しく冬は温かい性質があります。また、人と被らないデザイン性、一点モノの魅力があります。ヴィンテージサイクルウェアは、60〜80年代のイタリア、フランスなどで実際に選手やサイクリストが愛用していたウェアになります。素材はウール生地でデザインは当時のスポンサーのロゴだったり、ブランドのロゴが編まれていたり縫い付けられています。そんなヴィンテージサイクルウェアを愛用している今田イマオさんに魅力についてお聞きしました。
【価格別】おすすめグラベルホイール12選!!グラベルロードバイクの走行性能アップ
今回は人気のグラベルロードバイク(グラベルバイク)の走行性能をあげたい人に向けて、おすすめグラベルホイール12選を価格別で紹介します。完成車についている重たいホイールではなく、「軽量ホイールが欲しい!」「耐久性の高いホイールを履かせたい!」「がれ道でも安定して走れる太いタイヤを装着させたい」など、グラベルホイールの選び方を合わせて紹介します。また、グラベルホイールはロードバイクと異なる650Bというホイールサイズがあります。一般的な700Cのホイールサイズと650Bのホイールサイズでは、どのように違うのか、実際に使用経験のある今田イマオさんに分かりやすく説明していただきます。FULCRUM(フルクラム)、Prime(プライム)、ICAN(アイカン)、MAVIC(マヴィック)、REYNOLDS(レイノルズ)、FAST FORWARD(ファストフォワード)、SCOPE CYCLING ( スコープ サイクリング )、ZIPP(ジップ)の8ブランドから紹介します。

さらに表示する