コラム/プレスリリース

【キャノンデール】2022年新モデル追加(完成車)アルミ製グラベルロードバイクTopstone(トップストーン)3モデルを紹介
2022年コレクション追加モデルとしてアルミ製グラベルバイクTopstone(トップストー ン)3モデル(Topstone0、Topstone1、Topstone Women's 2)を発売いたします。キャノンデールのアルミグラベルバイクは前後ホイールの間隔が長く、荒れ た路面や重い荷物を積んでいるときに安定感があるのが特徴。裏ルートを躊躇することなく駆け抜け、新しい道を開拓したり、アドベンチャーライドの可能性を広げてくれる万能グラベルバイク。週末ライドを楽しみたい方や、乗り心地抜群なグラベルバイクをお探しの方にとって理想的な1台となるはずです。
メキシコ在住の日本人に聞いた!! 海外のグラベルロードバイクの人気や魅力について
今回は海外のグラベルシーン、カルチャー、グラベルロードバイクの人気や魅力について紹介します。現在、メキシコ在住で宮城県出身のYohさん(山田洋平さん)に取材しました。Yohは実際にメキシコで選手としてグラベルレースに出場されるだけでなく、グラベルレースの企画・主催まで行っています。そこで、グラベルロードバイク(グラベルバイク)の魅力に取り憑かれて1年目の今田イマオさんがYohさんにお話をお伺いしました。一体、日本のグラベルシーンとメキシコのグラベルシーンでは、どんな違いがあるのか楽しみです!!

大人気のグラベルキング限定カラー「ジンジャー」と「アストラルブルー」の2色リミテッドカラーエディション登場|Panaracer(パナレーサー)
パナレーサー株式会社が作り出す世界的に人気のあるグラベルタイヤGRAVEL KING!!今年も2色の限定カラーリミテッドカラーエディション登場。今年のカラーは「ジンジャー」と「アストラルブルー」の2色。全12アイテムを4月28日(木)から発売開始。昨年と同じく早めに購入しないと手に入らなくなるので、気になる方は即購入することをおすすめ。
日本限定カラー&サイズも登場!!大人気のグラベルロードJAMIS(ジェイミス)Renegade S4がデリバリー開始
本来秋発売予定であった新型コロナウイルス感染症の影響によりRenegade S4がいよいよ 1 月下旬から 2 月上旬に順次デリバリー開始する。グラベル/アドベンチャーカテゴリーが定番カテゴリーとなってきた昨今、先駆者であるRENEGADE シリーズの中でも人気モデル がこのS4。

呼吸が浅い、呼吸が苦しい!?激しい運動なし1日5分で呼吸筋を鍛えられる【AIROFIT(エアロフィット)】
呼吸が浅い、苦しいような症状がある方に1日5分でできる !!呼吸筋の筋肉を鍛える効果と方法について紹介します。日常生活から運動するにあたり、人は健康で元気な体でないと楽しく安全に活動できません。また、世界的にコロナウィルスの影響もあり、肺炎などの病気について調べる人も増えました。そのため、多くの人が健康維持や今まで以上に運動に対しての意識が高まり体を動かす人が増えています。そこで、今回オススメするのが呼吸筋の筋肉を鍛えるエクササイズです。
限定カラートキオレンジ2【210台限定発売】KhodaaBloom(コーダーブルーム)クロスバイクRAIL ACTIVE (レイルアクティブ)
日本の総合自転車メーカーホダカ株式会社から【210台限定発売】KhodaaBloom(コーダーブルーム)クロスバイクRAIL ACTIVE (レイルアクティブ)の限定カラー「トキオレンジ2」で発売いたします。KhodaaBloom はスポーツバイクで人生を変えてほしいと願っています。スポーツバイクがもたらす 感動と可能性を多くの人に知ってもらうため、普段想像できないような長距離旅にクロスバイクで挑む 「RAIL 210 チャレンジ」を企画しました。

Liberty Bikes(リバティバイクス)|他店購入のロードバイク(自転車)を持ち込み修理してくれる埼玉県大宮のバイクカスタムショップ
スポーツバイク需要が増える中、スポーツバイク専門店に足を運ぶ人が増えています。今回は他店で購入した自転車修理を承っている埼玉県大宮にあるバイクカスタムショップ『Liberty Bikes(リバティバイクス)』に取材しました。専門店によっては様々な理由により他店で購入した自転車修理を行っていない場合があります。今回のサービスを大々的に宣伝している理由についてもお聞きしました。
ビアンキで大自然を駆けるトップアスリート
ロードバイクによるトレーニングを取り入れているフリースタイルスキーヤーの伊藤瑠耶さん。晩秋の白馬で、Bianchi(ビアンキ)のグラベルバイク「ARCADEX (アルカデックス)」の走りを確かめてもらった。「砂利道とは思えないほど、乗り心地がいい。多様なグラベルを 走破できることを考えるとワクワクします」そういながら、木々が色づきはじめた山間の道をARCADEXで軽快に駆け抜ける伊藤瑠那さん。