カテゴリ:Panaracer



1年間グラベルタイヤ【Panaracer Gravel King SS 32C】を使ってみて感じたメリット(パナレーサー グラベルキング)
今回は人気のグラベルタイヤPanaracer Gravel King(パナレーサーグラベルキング) SS 32Cチューブレスモデルを実際に1年間使用してリアルに感じたこと、メリットを紹介します。また、Panaracer Gravel King(グラベルキング)にはシリーズがあります。Gravel King、Gravel King SS 、Gravel King SK、Gravel King Plus、Gravel King SK Plusのチューブモデルとチューブレスモデルです。タイヤ幅の種類も多くカラーの違いもあります。そこで、グラベルキングシリーズの特徴と併せて今田イマオさんが説明してくれます。
創業110周年を記念して新商品「GRAVEL RUNNER」を発売!!DAVOS(ダボス)とPanaracer(パナレーサー)のコラボレーション
株式会社フカヤは創業110 周年を記念して、専売ブランドである『DAVOS(ダボス)』と、『Panaracer(パナレーサー)』がコラボレーションした新商品「GRAVEL RUNNER」を発売。「GRAVEL RUNNER」 はグラベルタイヤで人気の「グラベルキング」 をベースに、 26インチMTB ツーリング タイヤの王道「Road Runner (ロードランナー)」のトレッドパターン採用し、 700㏄用としてリニューア ルした「快速ツーリングタイヤ」として誕生しました。「Road Runner (ロードランナー)」 でも定評のある走りの軽いセンターリッジトレッドパターンが転が り抵抗を軽減し、オンロードでは格段の転がり性能を発揮。

Panaracer(パナレーサー)の人に聞いてみた!!売れ筋人気グラベルタイヤを教えてください
パナレーサー株式会社 マーケティング係の三上さんに売れ筋人気グラベルタイヤやGravel King(グラベルキング)限定カラーについて教えていただきました。また、今話題の規格外のGravel King(グラベルキング)のタイヤを再利用した自転車バッグ(サドルバッグ/フロントバッグ)についてもお話をお伺いしました。
【初心者必見】いざという時に役に立つ!!グラベルロードにおすすめな携帯空気入れ3選
携帯空気入れと言っても、その種類や大きさ、メーター付きの有無から手動タイプに電動タイプなど色々あります。今回は初心者でも扱いやすい携帯ポンプを紹介します。また、グラベルロードはオンロードの際は高気圧の状態で走り、オフロードを走る際は気圧を下げて走ります。また、オンロードに戻る際には空気を入れないといけないので携帯空気れは必須アイテムです。